2020年3月

わが母なるロージー ピエール・ルメートル(著) 感想 あらすじ 書評 要約

わが母なるロージー (原題 Rosy & John) ピエール・ルメートル この本を読む上で2点注意点があります。 注意点その1 悲しみのイレーヌ、その女アレックスの書評でも書きましたが、 「悲しみのイレーヌ」と「その女アレックス」「傷だらけのカミーユ」は ピエール・ルメートルさんが書いた小説の中の ヴェルーヴェン警部が出てくるシリーズ物です。 ただ、今回のストーリーは物語的にはあまり繋が […]