Python 無料で独習 Matplotlib & Seaborn 入門講座 02_02

Python 無料で独習 Matplotlib & Seaborn 入門講座 02_02

 折れ線グラフを使って学んでいこう

ひとつのグラフに複数のグラフを表示

ひとつのグラフに複数の折れ線グラフを表示します。
今回用意するデータはxはリスト形式で、
yはNumpyで表現します。
通常のリスト形式だと一括で全ての値への計算はできませんが、
Numpyの数列に関しては一括で計算が可能です。
それぞれのグラフに色をつけて、labalを指定し、
タイトル、gird, legendのフォントサイズもつけます。

x=[1,2,3,4,5]
y=np.array([1,4,9,16,24])
plt.plot(x,y ,color='red' ,label='A')
plt.plot(x,y/2 ,color='blue' ,label='B')
plt.plot(x,y/3 ,color='yellow',label='C')
plt.xlabel('X')
plt.ylabel('Y')
plt.grid()
plt.title('title')
plt.legend(fontsize=15)
plt.show()

グラフを画像で保存

表示したグラフを画像として出力することもできます。
関数はplt.savefig()です。

x=[1,2,3,4,5]
y=np.array([1,4,9,16,24])
plt.plot(x,y ,color='red' ,label='A')
plt.plot(x,y/2 ,color='blue' ,label='B')
plt.plot(x,y/3 ,color='yellow',label='C')
plt.xlabel('X')
plt.ylabel('Y')
plt.grid()
plt.title('title')
plt.legend(fontsize=15)
plt.savefig('graph.png')

プログラミン独習カテゴリの最新記事